検索
  • esarchitectniigata

無垢の床について


今日は無垢材について紹介していこうと思います🌳🌳🌳


エスでは多くのお家で無垢の床を採用しています。


無垢材とは山や森で育った自然の木そのものを、使用する形状で丸太から切り出した木材のことを言います。

合板や集成材にはない「天然の木」本来の風合いを持っています。


では、無垢材の持つ魅力を紹介していきます♩


〇足触りの良さ

まず何といっても足触りが心地いいです!

集成材や合板より柔らかいので足触りが良く裸足で気持ちよく過ごせます。


〇自然な風合い

木そのものを切り出しているので木の断面がそのままフローリングとなります。同じものは二つとない木目のナチュラルな風合いは集成材では出せないものがあります。


〇経年変化を楽しむ

無垢材は、時が経つにつれて表情を変える素材です。真新しい無垢材も木の香りや木目を楽しむことができますが、経年とともに変化していく色やツヤもまた味があります。

1年後、5年後、10年後と家族とともにその歴史を刻み、その家だけのフローリングが完成されていきます。


〇呼吸する、調湿効果と断熱性

無垢材には、調湿作用があります。調湿作用とは、部屋の湿度によって無垢材が水分を吸収・放出することで、室内の湿度を一定に保とうとします。

集成材のフローリングで湿気の多い梅雨や夏、べたべたと不快感を感じたことはないでしょうか?無垢材ならさらりと気持ちよく過ごせます。

また、たくさんの空気を含んだ無垢材は、その空気が断熱の役割を果たすため冬場では冷気が無垢材に伝わりにくくなり、冷えるのを防ぐ作用があるのです。





良いところを紹介しましたがデメリットもあります。


〇柔らかいため傷つきやすい

何か物を落とした時、集成材に比べると傷がつきやすい性質があります。小さなお子様やペットのいる家庭では傷が多くなることもあるかもしれません。


〇水に弱い

無垢材は、表面を塗装していたとしても水に弱い傾向があります。シミになることがあるので濡れたらすぐに拭き取ることが大切です。



エスでは無垢の床の仕上げにエスで手作りしている『蜜蝋ワックス』を使用しています🐝

天然素材の体に優しいワックスでより無垢材フローリングの良さを引き出します♩


蜜蝋ワックスについては過去記事「蜜蝋ワックスについて」をご覧ください♩


次回はエスで扱っている無垢の種類を紹介していきます🌳






閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示